なごみ鍼灸接骨院 小幡
大幸鍼灸接骨院 砂田橋
なごみ鍼灸接骨院 御器所
その答えはこちら

MAP

MAP

MAP

なごみ鍼灸整骨院 砂田橋院 ブログ

2013年2月 5日 火曜日

名古屋市東区で事故治療するなら大幸鍼灸接骨院へどうぞ!

こんにちは!

大幸鍼灸接骨院の吉田です(・w・)


今日は、「車同士の事故での過失割合の基本」について書きます。


●事故状況で過失割合が大きく変わる場合もある


センターラインオーバーによる対向車同士の事故や、

一方が青信号のときに、赤信号で交差点に進入してきた車との事故などは、

100%加害車両に過失があります。

しかし、事故状況を客観的に判断する材料が少ないような場合

当事者双方が「相手車両の方に多くの過失がある」と感じるため、

示談交渉が決裂し、紛争に発展することも少なくありません。

例えば、信号機のある交差点での直進車同士の事故では、

両方が赤信号だった場合の過失割合はともに50%ずつです。

しかし、一方の車両が黄色信号で、もう一方が赤信号と判断された場合には、

「赤」で進行していた車両の過失が80%「黄」と判断された車の過失が20%となります。

車同士の事故では、示談交渉を有利に進める意味でも、

事故状況で過失割合が大きく変わるケースがあることを知っておく必要があります。



皆様ご参考下さい。



投稿者 なごみ針灸整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30