なごみ鍼灸接骨院 小幡
大幸鍼灸接骨院 砂田橋
なごみ鍼灸接骨院 御器所
その答えはこちら

MAP

MAP

MAP

なごみ鍼灸接骨院(御器所) blog

2013年7月29日 月曜日

交通事故によるむち打ち症は名古屋市昭和区『なごみ鍼灸整骨院』まで☆

交通事故によるむち打ち症は
名古屋市昭和区『なごみ鍼灸整骨院』まで☆

 
こんにちはスタッフの伊藤明日菜ですtulip

朝から雨で湿気が多いですねcoldsweats01


むち打ちの主な症状の特徴についてお話します!


むち打ち症は、主に自動車の追突、衝突、急停車等によって
首がむちのようにしなってしまったために起こる症状を総称したものです。


むち打ち症は首を伸ばすと首の後ろや肩が痛み、動きが制限されたり、
中には腕の痛みやしびれ、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が
現れることもあります。weep


むち打ちは、後から症状が出ることもありますので注意が必要ですbearing!!


なごみグループは厚生労働省から認可をされている医療機関で、
交通事故治療を行うことが可能ですhappy01

また、むち打ち治療協会の認定治療院ですので安心して
ご来院下さい!!!

記事URL

2013年7月27日 土曜日

交通事故の治療は名古屋市昭和区御器所の『なごみ鍼灸接骨院』!!



交通事故の治療は

名古屋市昭和区御器所の

『なごみ鍼灸接骨院』!!

 


こんにちわsign01
伊藤ゆかですscissorsheart04


今日は『むち打ち症』と『寝ちがい』の違いを
お伝えしていきますflair


『むち打ち症』と『寝違い』の違いが
混雑して把握してしまっている方が
以外にも多くいらっしゃいますbearingsweat01


『むち打ち症』と『寝違い』の大きな違いは・・・



同一部位への継続的な負担による
炎症の発生による障害
 


寝ちがい


 
に対して、


外部的な強力な力の働きにより、
可動範囲制限を無理に越えてしまった際に発症する障害
       


むち打ち症

 
と、なっていますsign03

人間にある各関節には、
一定の可動範囲を超えないような構成になっていますflair


また、関節構成に加えて、
筋肉と骨格をつなぐ靭帯が
可動範囲を制限しているのですflair


これらの可動範囲を超えて
無理に負荷がかかった場合に
靭帯が損傷・断裂するなどして障害が発生しますshocksweat01


ムチウチの場合は、
吐き気などを催す場合も多く
脳への障害が発症している可能性も考えられる事から、
必ず医師の診断を受ける事が重要ですsign03impact




寝ちがいや、むち打ち症でお困りの方がいましたら、
昭和区御器所の
『なごみ鍼灸整骨院』まで
お気軽にご相談下さい(^^)heart02

記事URL

2013年7月24日 水曜日

むち打ち治療は名古屋市昭和区なごみ鍼灸接骨院へ!

むち打ち治療は名古屋市昭和区なごみ鍼灸接骨院へ!

こんにちは!なごみ鍼灸接骨院の川口です。
院内に交通事故Q&Aを掲載しました!
ご不幸にも交通事故に遭ってしまった時に、交通事故に関する知識があるのとないのとでは、
その後の対応に影響する場合がありますので、御来院の際は是非一度読んでくださいね!
わからない事がある時はスタッフまでご相談ください!

 

記事URL

2013年7月23日 火曜日

交通事故の治療は名古屋市昭和区御器所のなごみ鍼灸接骨院でどうぞ!

こんにちは。
御器所のアシスタントの山本美香です。
今日も猛暑日になりそうですね・・・coldsweats02

  ~ 交差点事故の形態について ~

 ・ 出会い頭衝突事故
 ・ 右左折時の側面衝突事故
 ・ 左折時の巻き込み事故
 ・ 追突事故

  上記のような事故が多く発生しています。
  交差点では、必ず安全を確かめるようにしましょう!!

 当院は、厚生労働省から認定を受けた鍼灸接骨院です。
 ご不幸にも交通事故に遭われてお困りの方がいらっしゃいましたら、スタッフ一同
 丁寧な応対を心がけます。
 是非、御来院、ご相談ください。

記事URL

2013年7月22日 月曜日

交通事故の治療は名古屋市昭和区の「なごみ鍼灸接骨院」へどうぞ!

交通事故の治療は名古屋市昭和区の
「なごみ鍼灸接骨院」へどうぞ!


こんにちはスタッフの伊藤明日菜ですgood

最近は朝からセミの鳴き声を
よく聞くようになりましたねdash


夏のドライブのポイントについてお話します!!


夏の昼下がり、直射日光のもと屋外に駐車した車の車内温度は
どのくらいまで上がるか知っていますか?


なんと...


およそ50℃以上にもなるそうです!!!


夏場、直射日光があたる屋外に駐車していると、車内温度は
ぐんぐん上昇して、昼下がりには50℃以上になることも珍しくありません。

このような危険温度の車内にいると熱中症になる恐れがあるので、
お子様やペットを残してクルマから離れるのは、たとえ数分間であっても
絶対にやめましょう。


車内温度の上昇によるスプレー缶や炭酸飲料の缶、ライターなどの破裂や発火、
さらに、熱くなった車体、シート、ハンドルなどで火傷をすることもあるので
注意が必要です。

駐車するときは、少しでも日陰を選んで駐車したり、
窓に日除けをしておくと良いでしょう。

気温が高い日は特に気をつけて下さいねconfident


記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30