なごみ鍼灸接骨院 小幡
大幸鍼灸接骨院 砂田橋
なごみ鍼灸接骨院 御器所
その答えはこちら

MAP

MAP

MAP

なごみ鍼灸整骨院 砂田橋院 ブログ

2012年12月27日 木曜日

交通事故のことなら名古屋市東区の大幸針灸接骨院へ!

こんばんは 大幸鍼灸接骨院半崎です。

今日は交通事故の事故発生から解決までの流れについて書きます。

事故発生直後は警察、保険会社へ連絡すること。医療機関に受診すること。

事故証明書を警察でもらい、接骨院、整形外科で治療を開始して下さい。

治療後、保険会社さんを通して、加害者の方と示談をする。


これが簡単な流れになっています。

大幸鍼灸接骨院では自賠責で交通事故の治療が出来ます。

相談にも乗りますので、事故の際は大幸鍼灸接骨院へどうぞ!

投稿者 なごみ針灸整骨院 | 記事URL

2012年12月25日 火曜日

交通事故治療・相談は名古屋市東区大幸鍼灸接骨院へ

こんにちは!

大幸鍼灸接骨院の吉田ですhappy01


今日は、

「加害者が未成年の場合は誰に損害賠償請求すれば良いのか」

について書きます。


●未成年の場合は、親や雇い主に請求できる


交通事故の判例などでは、通常は10歳から12歳前後になれば、

責任能力(その行為によって、何らかの法律的な責任が

発生することを判断できる能力)があるとされます。

したがって、免許を保有している未成年者(16歳以上)が

バイクや車で事故を起こした場合には、未成年でも本人が

損害賠償責任を負うことになります。

ただし、現実問題として、未成年者に損害賠償額を支払うだけの

資力はないと思われます。

そこで、事故を起こしたバイクや車が親名義の場合や、

親が購入代金や維持費を支払っていた場合には、

親に損害賠償を請求することになります。

業務中の事故の場合なら、使用者責任として

雇い主に損害賠償を請求できます。


是非、ご参考下さい。

投稿者 なごみ針灸整骨院 | 記事URL

2012年12月21日 金曜日

交通事故治療は名古屋市東区のなごみグループへ

こんばんは!

大幸鍼灸接骨院の吉田です(・w・)


今日は、

「加害者に損害賠償を支払う資力がない場合はどうすればいいのか」

について書きます。


加害者本人以外に請求できる相手がいる場合は、

その人に請求しましょう。


交通事故発生!


→加害者に損害賠償額を支払うだけの資力がない


①加害者が借りた車で人身事故を起こした時

運行供用者(車の所有者や、車を使用する権利を持つ人)に

損害賠償を請求する

・車を貸した知人・友人、会社(社用車の場合)など


②加害者が業務中に故意・過失によって事故を起こした時

使用者に損害賠償を請求する

・勤務先の会社、元請会社(加害者が下請けの場合)など




投稿者 なごみ針灸整骨院 | 記事URL

2012年12月20日 木曜日

交通事故、むち打ち治療は名古屋市東区の大幸鍼灸接骨院へ

今日は交通事故後、物損扱いにしたのに、後日痛みが出た場合について書きますrock

はじめ、警察署へ物損事故として報告した場合、『交通事故証明書』も物損扱いとなります。

そのままでは、自賠責保険に治療費などを請求できなくなるおそれがあります。

事故日から受診日までの間隔が短ければ、

次のような手続きにより警察で物損から人身へ切り替えが認められる事があります。

1診察後、医師に「警察に提出するための診断書を書いてもらう」

2事故発生場所を管轄する警察署へ、医師の診断書を届ける


基本的には、事故直後、痛みがなかったとしても、もしもの為に医療機関にかかるようにすると良いでしょう。

それではまたpaper

投稿者 なごみ針灸整骨院 | 記事URL

2012年12月19日 水曜日

名古屋市での交通事故は是非大幸鍼灸接骨院まで!

こんにちは、大幸鍼灸接骨院比嘉ですsoccer
今日は「後遺症が認められない場合」について書きますsign03

後遺障害が証明できなかった場合どうするか、
どうしても後遺障害が認められなかった場合、
今回の交通事故の損害賠償では、
それを考慮してもらうことはできませんsadsweat01


本人が痛がっているのがわかっいても、
現代の最新診断において画像にも表れず、
検査の結果も有意な所見が取れなければ
裁判所を納得させるのは不可能ですwobbly

みなさん是非参考にして下さい!
それではまた来週!!

投稿者 なごみ針灸整骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30